木材を調べる・探る 公益財団法人 日本合板検査会

よくある質問

/ よくある質問 / 各種木質製品

各種木質製品

各種木質製品についてよくある質問

QOSBとは、どのような材料で、どのように作られたものなのか。また適用されるJAS規格等はあるのか。

AOSBとは、Oriented Strand Boardのことで、木材の細長い小片(ストランド)を機械的に配向させ、接着剤とともに高温で圧締した板で、建築用の下地等に使用されます。JASでは「構造用パネルの日本農林規格」にて適用されています。

QOSLとは、どのような材料で、どのように作られたものなのか。また、適用されるJAS規格等はあるか。

AOSLとはOriented Strand Lumberのことで、木材の繊維方向の長さが30mm程度のうすい小片(ストランド)に裁断したものを乾燥後、接着剤により方向性を揃えて圧締接着されたもので、主として軸材として使用されます。JASでは、現在この製品に対応する規格はありません。

QLVBとは、どのような材料で、どのように作られたものなのか。また、適用されるJAS規格等はあるか。

ALVBとは、Laminated Vener Boardのことで、短い単板をたて継ぎし、合板と同じように直行配向しながら積層したボードです。国産の中小経針葉樹材の有効利用を目指して開発されたものです。
LVBは、積層数が少なく、表板のたて継ぎの影響を受けやすいために、スカーフジョイントが不可欠ですが、接合部分での強度低下はある程度免れません。
JASでは、普通合板として適用されると考えられます。

Q繊維板とは、どのような材料で、どのように作られたものなのか。また、適用されるJAS規格等はあるか。

A繊維板とは、木材その他の植物繊維を主原料とし、これらを繊維化してから成形した板状材料の総称で、ファイバーボード(Fiberboards)とも呼ばれています。また、繊維板は密度によって、インシュレーションボード(密度0.35g/cm3未満)、ミディアムデンシティファイバーボード(MDF、密度0.35g/cm3以上)及びハードボード(密度0.80以上)に区分されています。
繊維板は日本工業規格(JIS)にて扱っています。

Q難燃処理木材とは、どのような薬剤を使用して処理されたものか。

A木材の難燃剤としては、ホウ素系、リン系、リン窒素系、含ハロゲン酸エステル系、無機系、塩素系、臭素系で、主流は添加型水溶性薬剤のようです。

  公益財団法人日本合板検査会

〒105-0003
東京都港区西新橋3-13-3
ユニゾ西新橋三丁目ビル 6階

TEL : 03-5776-2680
FAX : 03-3438-1360
Mail : info@jpic-ew.or.jp
Business Hours : 9:00 - 5:00